【社寺】吸付桟←読めますか?|バリアフリーなどの住宅リフォームのことなら山形県村山市の【浅見工務店】にお任せください!

新着情報詳細

【社寺】吸付桟←読めますか?

2015/07/24

https://www.youtube.com/watch?v=q3wE-hB9jmY&feature=youtu.be

今日も元気にこんにちは!事務員浅見です。

珍しく代表から動画が送られてきたので

レアな音声と共にご覧ください(笑)

 

本日は先人の知恵【吸付桟】について。

”すいつきざん”と読みます。

 

幅広の板が反らないよう

蟻溝(ありみぞ:逆ハの字に彫った溝)

を作り、をれを繊維と垂直になるよう抜けないようにして

滑り込ませる加工方法です。

 

蟻溝を作ると、作った側の部材の厚さが

他箇所より薄くなります。

それが原因で歪んだりする事もあるので

蟻溝を作る際にも材料の性質や特質の理解と

経験が必要です。

 

これは表からは見えない場合が多い為

職人の技と言うよりは”工夫”と言うべきかも

しれませんね。

 

部分部分に【最善】ではなく【次善】の仕事を

する事で全体の美しさに繋げていく。

 

だからこそ、解体・改築・修繕は発見も多いのです。

 

この【次善】を行う仕事を【逃げ仕事】とも

呼ぶのですが、一丁前の宮大工になるには

工程内に【逃げ仕事】をどれだけ見出せるか

見極められるか、に拠るとも言われています。

 

奥の深い世界です。

だからこそ面白い仕事なんでしょうね!

 

暑い中お疲れ様です、職人さん。

水分補給と休憩をしっかりとって

ご安全に!!

BACK

TEL:0237-55-3354 FAX:0237-53-6121 MOBILE:080-1843-2129 /Mail form

浅見工務店

株式会社 浅見工務店
995-0005
山形県村山市大字たも山1188-1
アクセスマップ >>

今後のためにお住まいをバリアフリーに・・・などリフォームをお考えの方は、山形県村山市の【浅見工務店】までご相談ください。
住宅のことならお任せください。

  • TEL/FAX:0237-55-3354 FAX:0237-53-6121  MOBILE:080-1843-2129
  • Mail form ...

Page up